入念な計画をするべし|快適空間を満喫できるリフォーム

作業スタッフ

3つの対策方法

内観

日本は海外に比べて土地が狭いために、アパートやマンションが多く建っています。ですから同じ建物に住んでいる住民同士生活しやすい用に、最低限のモラルやマナーを守って生活をする必要があり、特に深夜は静かにすべきです。アパートやマンションの場合は、隣だけでなく、下の階の人も考慮しなくてはいけません。深夜の足音は意外と響き渡ります。そのため、快適な生活環境を確保するために、騒音対策をしなくてはいけません。

住宅の騒音は大きく分けると3つに分類することができるでしょう。3つともしっかりと対策をしている住宅は非常に住みやすい室内になるはずです。最初は窓の騒音対策をすべきです。窓は室内と室外をつなぐ開口部なので非常に音が浸入しやすいでしょう。防音のガラス窓に変更したり、二重サッシにしたりすることで室内に侵入してくる音を防いでくれるでしょう。
次に壁の騒音対策です。隣の部屋との壁が薄かった場合は、テレビの音や話し声が筒抜けになってしまうでしょう。これではプライバシーも確保することができません。また生活リズムが違うと隣の生活音が騒音になることもありますので、壁に遮音シートや遮音下地パネルを利用して騒音を少なくすることが大事です。
最期に床の騒音対策です。特に小さい子供がいる場合は、室内を走り回るでしょう。ドタバタと走り回ると、下の階の人に迷惑をかけてしまいます。フローリングを遮音フローリングにしたり、遮音カーペットにしたりして騒音対策をしましょう。